甲子園への道
桜 魂 / 2019-07-28 22:04:00 No.20023
決勝現地で見させてもらいました
まずは本当にお疲れ様と伝えたい
打線は水物、ピッチャーが8割。これは野球の試合運びでよく言われる言葉ですがやはり疲労の溜まっている武冨くんの連投と決勝戦におけるモチベーションの高い強力相模打線でワンサイドゲームとなってしまいましたが、最後まで諦めずに戦う選手たち、特に8.9回をゼロで抑えた気迫の守りは今大会を象徴する「気迫で押し勝つ」を体現したプレーだったのではないでしょうか。
今年の日藤打線、そして好投手武冨くんでも届かなかった甲子園
新チームは今以上の打線と投手力を目指して次こそ必ず相模を倒して甲子園!

最大1000文字まで(残り1000文字)。省略不可。日本語必須。HTMLタグ不可。誹謗中傷や個人情報、宣伝URLは即削除されます。
Imgurと連携して画像をアップロードします。
最大10文字まで。省略可能。
半角英数字(8文字まで)を入れることで、書き込みの削除ができるほか、名前の後ろに任意のコードが付きなりすましを防止できます。省略可能。