英語表記とカタカナ表記に分かれるバンド、グループ名
yako / 2019-06-18 22:18:00 No.5129
現在REBECCAのシングルレビューを更新中でありますが、
REBECCA→レベッカ
PRINCESS PRINCESS→プリンセス プリンセス
のように本来は英語表記なのに、たまにカタカナ表記で紹介されるバンドやグループ名に違和感を持つ事ってないですか?

反対にスピッツなんかはカタカナ表記→spitzと英語で表記される場合もありますが
(人によっては拘りのないような疑問で申し訳ないですが)

MOMA / 2019-06-19 19:19:00 No.5132
80年代までに多いですよね。90年代以降はほとんど無くなってあまり例が浮かびませんが、何故か00年代にHilcrhymeだけはHilcrhymeなのにヒルクライム表記で浸透してしまいました。

O社の表記がこの現象をリードしていたようにも思います。Hilcrhymeも今年のリリース作品からようやくO社でHilcrhyme表記になりました。

プリプリやレベッカも現役当時のO社表記は英字もたまにありますが基本カタカナが多いです。共に再結成してからの表記は英字です。

スピッツに限らずミスチルなんかもそうですが、作品のアートワークによって表記を英語にしたり、小文字、大文字にしたりしているように思います。

ミスチルなんかは過去作品を見ると一通りの表記はやっています(Mr.Children、MR.CHILDREN、mr.children、ミスター・チルドレン)。

最大1000文字まで。省略不可。HTMLタグ不可。誹謗中傷や個人情報、宣伝URLは即削除されます。
最大10文字まで。省略可能。
半角英数字(8文字まで)を入れることで、書き込みの削除ができるほか、名前の後ろに任意のコードが付きなりすましを防止できます。省略可能。