2019新年あいさつスレッド
White NOVA / 2019-01-01 01:03:00 No.434
はっぴぃニューイヤー、ということで、例年のように正月あいさつスレを立てておきます。

とりわけ、今年は新しい門出ってことで、時代の変化に即応しつつ、うまく流れに乗りたいな、と思っています。
平成回顧と、想いの継承というものを、ライダー次いで戦隊なんかも展開するようで、新時代を快く過ごせることを期待しつつ。

日高辰也 / 2019-01-01 14:10:00 No.435
新年明けましておめでとうございます。
今年もよろしくお願い致します。

昨年は「シンカリオン」の感想スレで、例年よりは参加出来ていたような…と行った所ですか。
「シンカリオン」も二年目突入、2019年も他に面白いものが出てきてくれる事を願うばかりです。

個人的なことだと「スパロボT」の発売を見越して、年末にPS4を購入したことですかね。現在、5000円引&DLソフト二本付属のキャンペーン中なので。
この年末年始に「大鷲のトリコ」をプレイしてる所です。
一般受けはしないだろうけど、こういうファンタジーもいいですな。

では、次の書き込みは通常通りにまた日曜日に。

White NOVA / 2019-01-01 16:33:00 No.436
日高さん、今年の初書き込み、おめでとうございます。

はっぴぃ1番の称号を差し上げます。

それと、「祝え! PS4の購入を」って感じですね。いやあ、めでたい。

自分はスパクロを楽しみつつ、機を見て、スパロボDDか積んでるスパロボXをプレイしたいと思ってますが、どうもブログ書きに時間を使って、どうなることやら。

では、本年もシンカリオンやら特撮やらで楽しみましょう。

それと、東離の物語は、通称サンファンと呼ばれているようですね。読みにくい漢字も盗賊リン・セツアとか、剣士ショウ・フカンと書けば馴染みやすいかも、と思ったり。
異世界ということを反映してか、実際に中国で人名に使われる漢字を外している分、三国志や水滸伝よりも余計に読みにくいし、雪鴉と書いてセツアなんて思わなかった(いわゆる、向こうのキラキラネームになるのかな)。で、そう読むと、FF6のさすらいギャンブラーを想像したり、耽美なイメージの人形が天野喜孝さんのイラストのイメージで、にわかに自分の知っているものとつながって、興味を惹かれている最中です。

予習しつつ、第3部放送の頃には話に乗れるかも、と宣言してみたり。その折は、先達として、またご教示いただければ、と今から頼んでみたり。

まあ、まずは今年の楽しみを味わいつつ。

M NOM / 2019-01-01 18:26:00 No.437
WHITE NOVA様、皆様、明けましておめでとうございます。
旧年中は、大変お騒がせ致しました。本年も宜しく御願い致します。

今年はハリウッド版ゴジラ「三大怪獣地球最大の決戦」の公開年ですね。原典を幼年期に知る者としては、brushup されたハリウッド版に、
少しばかり悔しさを覚えますね。「シン・ゴジラ」以降、実写版ゴジラシリーズ製作を放棄したTO宝に怒りを感じます。

其れは横に置いて、純粋にハリウッド版を愉しませて貰います。「ゴジラVSコング」の次は、何を登場させるかな?

十五少年漂流記>
小学生の課題図書としても、人気ある本作品が実写化されているのは、欧米版で三本のみ。日本人の少年少女を主人公にリメークして欲しい処ですが。
狩猟文化の無い日本では捕獲した動物を、食用に捌く場面はパニック・トラウマを怖れてNGでしょうね。

スマホ・ケータイ依存の現代っ子が、電波の送受信が叶わない結界の貼られた離れ小島でサバイバル生活は、現代では不可能か。

戦隊シリーズで同モチーフの作品……大人キャラ不在の少年少女集団による漂流劇ならば、成立可能かも。

次年度は「赤を纏う歳」に突入。愛機にシャア専用ザクと、宇宙戦艦バルバロッサ@銀河英雄伝説に搭乗する初夢が実現するか?

W”MONSTER / 2019-01-01 22:24:00 No.438
 NOVA様、掲示板の皆様、あけましておめでとうございます。
 よし!今年は元旦のうちにご挨拶できたぞ、エヘン(偉くない)。
 昨年は何を話題にしたっけ…新戦隊とGRIDMANとアニゴジとサンファン。今年の騎士竜戦隊のライターが馴染みのない方ですね。特撮未経験でもエグゼイドの本は4期ルパンを見てたから何割か期待できていたし、ビルドも大いに敢闘してくれました。経験者で言えば毛利さんの番なんでしょうけど、ジオウのサブに回っちゃいましたね。この人単発の方が切れがいいみたい。
 自分はスタトレ新作の都合でネトフリ契約してるんですが、いつでも見れるってのは消化のモチベを下げてしまいます。グリッド途中、アニゴジ2と3未視聴というていたらく。サンファンは1期で流してたCS局が拾ってくれなくて…。
 布袋劇と呼ばれるサンファンの人形劇としての動きを例えると、我々の既知のそれが金田治監督で、布袋劇は坂本浩一が撮っているような…と例えれば想像できましょうか。飛ぶわ爆発するわ。虚淵さんのアニゴジはシンゴジと同時期に持ち込まれて、庵野さんが作りそうなのとかぶらないようにした旨の談話記事があったそうで、作家のプライドとして共感したことも。
 海外版怪獣大戦争はどんな味付けしてきますかね〜。フキダシで会話する…ないな。

White NOVA / 2019-01-01 23:35:00 No.439
★M NOMさん、明けましておめでとうございます

旧年は、掲示板のコミュニケーションを活性化しようとハッスルして、自分が空回りした形ですね。巻き込んでしまって、恥をかかせてしまい、こちらこそ申し訳ありませんでした。
管理人の顔を立てる形で、頭を下げていただき、その節はありがとうございました。

ハリウッド版は、当然、楽しみにしているのですが、自分はゴジラよりもガメラ復活を望みますね。平成3部作と、トトの話の後、新作ガメラが見たい、と主張し続けて半年。
ゴジラは海外にもファンが多いのは確実で、世界を舞台に活躍すると嬉しいので、日本では同じ素材を扱うよりも、ガメラで勝負をかけて欲しい。
まあ、それでも国産怪獣ものなら、円谷さんが頑張ってくれているので、飢えているわけではないのですがね。さすがに多すぎると、消化不良を起こしそうなので、まずはアメリカさんがラドンやモスラ、キングギドラをどう料理するかを見てからですな。

十五少年漂流記については、アニメだとバイファムがあったのですがね。実写で漂流ものだと……マタンゴ?
まあ、十代の少年少女だけでの生活だと、ラノベの定番ではありますので、アニメだったら、いろいろあると思うんですけどね。異世界探検ものになりがちですが。
実写だと、隔離された無人島での少年少女の殺し合いとか、ホラー物になりそうな設定ですな。ゲームだと、無人島探検って定番なんですけどね。

ジャンル違いだと、よくある設定なんだけど、実写でやるなら、ロケ場所の確保と、撮影の際の拘束期間が長く掛かりそう、というのが一番の問題かも。

★W“MONSTERさん、明けましておめでとうございます

お互い、はてなダイアリーからのブログ以降で秋以降はバタバタしながらも、記事書きの活性化につながる良い刺激になっていれば幸いと思いつつ。

東映特撮については、新人さんをサポートする体制ができてそうなので、いい感じですね。あとは、スーツアクターさんの世代交代が上手くつながるかを気にしつつ。平成が終わっても、高岩さんが続けるのか、それともバトンタッチできるのかを気にしてみたり。

人形劇については、サンダーバードとかXボンバーとか紅孔雀なんかを思い出すわけですが、そうか、サンファンはアクティブに動くわけですか。
ストーリーの方を確認すると、悪女キャラが目立ったり、騙し騙されの応酬で、単純な勧善懲悪とは言い難いですが、シーズンごとにキャラが主役の2人以外、大きく変わった感じで、シーズン3からでも入れそうに思えたり。
で、アクションが派手なら、そこだけでも楽しめそうですね。とりあえず、ユーツベで断片的にもチェックしてみると、分かるかも。

アニゴジについては、「特撮ファンにしか分からないようなツボ」はあえて外した、という製作裏話を聞いて、それじゃダメだろう、と思ったりもしました。
むしろ、特撮ファンに分かるツボを残しつつ、アニメから入ったファンも楽しませるグリッドマンみたいな作品を求めているのに。
まあ、アニメゴジラを見ていない立場なので、きちんと批評するためには見ないといけないのでしょうが、まだ食指が動かないので、機を見ていずれってことでしょうが。

何にせよ、いろいろと見られる作品があると、何を順に消化するか、いろいろ迷う時代になってますね。戦隊、ライダー、ウルトラ、ゴジラと特撮4本柱が揃っているし、洋物ヒーローも盛り沢山だし、スターウォーズやトレックも走っているし、この作品がダメでも別の作品が楽しめるのはありがたいと時代だな、と思っています。

心配なのは、過剰供給から飽和化して、一気に飽きられて市場が減退してしまうタイミングがいつかってことですが、その場合は旧作懐古を楽しめる環境なので、まあ、ハッピーは継続可だと考えています。むしろ、追っかける時間と体力の維持ですね。
それと、作り手の技術が継承されない必殺みたいな状況にならなければいいのかな。やはり、定期的にコンスタントに作らないと、技術は廃れるわけで、そういう状態から、見事に持ち直したのが現在のウルトラマンかなあ、と感じております。

たさくらたすな / 2019-01-03 23:42:00 No.442
 新年明けましておめでとうおめでとうございます。
 コミケから帰還して、2日まで寝正月モードでしたので、なんとか正月三が日に間に合わせての挨拶です。
 ついでに九州のほうで地震があり地元も震度3で数秒揺れはしましたが、無事である報告も兼ねて。

 昨年は花粉症ガールで、思わぬ展開になって驚きの限りで、本年はどのような飛翔を魅せてくれるか楽しみで
す。

 特撮関連のネタだと、コミケ遠征の際に泊まったホテルの動画配信で『キングコング: 髑髏島の巨神』の後に制作された『ランペイジ 巨獣大乱闘』を観れたことですかね。あまり公開当時はコングほど宣伝がなされてなくて、地元の映画館でもひっそりとしたかんじでいつ公開してたのという感じで公開終了をむかえていたので、折角の機会ということで視聴しました。
 内容的にはどちらかとういうと小難しいこと考えずに巨大生物大乱闘を楽しもうという感じで、ただ巨大ゴリラはまだコング的に見れたけど、巨大ワニや巨大オオカミはいささか魅力としては今ひとつかなぁというとこで、そのへんは興行収入にもろにでちゃったのかなという気も。
 まぁ「ハリウッド版ゴジラ」や「ゴジラVSコング」の予行作品的に楽しめた感はあります。

 といったところで、今年もよろしくお願いします。

White NOVA / 2019-01-04 06:53:00 No.443
たさくらたすなさん、明けましておめでとうございます。

正月早々、地震とは難儀でしたな。ともあれ、ご無事の報が聞けて何よりです。

旧年は、ブログ関連や、シンカリオンなどで非常にお世話になりました。いろいろと創作や空想妄想関連に良い刺激を与えてもらい、活性化させていただきました。

『ランペイジ』は劇場の予告編だけ見ましたが、いかにもB級バカ映画って感じの宣伝で、マニアしか見ないだろうな、と思っていました。自分はマニアを自認していますが、さすがに見る時間がなかったですな。

ともあれ、昨年は映画も結構、当たり年で、正月の『神ノ牙』に始まり、いろいろ見た記憶がありますが、それでも『ブラックパンサー』とか『パシフィックリム2』とか『ハン・ソロ』とか気になるのに未鑑賞なので、また時期を見て、ということですね。

今年は、ウルトラやアベンジャーズがまず確定ですが、東映ヒーローの春の予定はどうなるのかを気にしつつ。昨年は『アマゾンズ』でしたが、今年は『クローズ』の先行上映が今冬で、春先に映像ソフトが出ることしか分かってない。戦隊VSは夏予定なので、例年のローテーションがズレてきたかな、って感じですね。

まあ、昨年はこっちも災害が多かったけど総じて楽しめましたし、そちらも、つつがなく楽しめる一年になることを願っています。
熊本だと、新幹線の運行なんかにも支障があるのでは、と気にしたりも。

最大1000文字まで。省略不可。日本語必須。HTMLタグ不可。誹謗中傷や個人情報、宣伝URLは即削除されます。
Imgurと連携して画像をアップロードします。
最大10文字まで。省略可能。
半角英数字(8文字まで)を入れることで、書き込みの削除ができるほか、名前の後ろに任意のコードが付きなりすましを防止できます。省略可能。